「身も蓋もない」の意味とは?意味や使い方を解説!

「身も蓋もない」ということわざの意味を解説していきます。覚えておくと便利なことわざです。今回は「身も蓋もない」の意味や使い方、例文について解説していきます。  

目次 [表示]

身も蓋もない

フリー写真素材ぱくたそ

皆さんは「も蓋もない」という言葉を知ってぃすか?

何となくの意味で聞き流している方もいるかと思います。

今回は、「身も蓋もない」という言葉の意味を紹介していきます。

「身も蓋もない」の意味とは?

フリー写真素材ぱくたそ

「身も蓋もない」とは「言い方が露骨すぎて情緒がない」という意味です。

ここで言う「身」とは「容器」のことで、容器も蓋もないということで、中身がむき出しになっている状態になります。

そこから「本音」を包み隠さず言ってしまうという意味になったようです。

「身も蓋もない」の使い方・例文

Photo bymohamed_hassan

「元も子もない」という言葉と混同しがちですが全く違います。

「元も子もない」は「元金」も「利子」もないということで「プラスの分だけでなく元々あったものまでなくなった」つまり「何にもなくなった」という意味です。

「身も蓋もない」も「そんなこと言ったら(オブラートに包めば良かったのに)身も蓋もないよ」という風に「意味がない」という意味で使う場合があります。

「元も子もない」も「そんなことしたら(今までやってきたことも台無しになって)元も子もないよ」という風に「意味がない」という意味で使う場合があります。

このことから2つの言葉を混同してしまいますが、「身も蓋もない」は「言い方が露骨なさま」ですし、「元も子もない」は「全部なくなってしまう」ことなので全く違います。

使う場面を間違えないように注意しましょう。

類語には「歯に衣着せぬ」「単刀直入」があります。

どちらも包み隠さず率直に本音を言ってしまうさまを指します。

「歯に衣着せぬ」や「単刀直入」には少し爽やかなニュアンスも含まれ、ポジティブな意味で使うことも多いです。

ところが「身も蓋もない」はほとんどがネガティブな意味で使います。

言い方を批判する場合や、建設的に話が進められない場合などに使われます。

例文

  • 例文・分かっているけどそんな風に言われた身も蓋もないよ。
  • 例文・今の言い方は身も蓋もないのでやめたほうがいいよ。

関連する記事

記事ランキング

記事はありません。