「向学」と「後学」の違いとは?意味や使い方を解説!

「向学」と「後学」の違いについて解説していきます。同じような言葉ですが、それぞれ意味や使い方に違いが存在します。今回は「向学」と「後学」の違いや使い方についてご紹介します。意味の違いを理解していれば、ふとした時に周囲からの評価がぐっと上がるかも知れません。

目次 [表示]

「向学」と「後学」

Photo bySkitterphoto

「向学」と「後学」
読み方は「こうがく」

読み方は同じですが、使われている漢字が違う所から意味を解析するのが一番と考えられますね。

「向かう」と「後に」両方「学」と付くところから学ぶ事は理解できます。

どちらにしても、役に立つ事とも理解はできます。

「学問に向かう」「学問を志す」
​などが考えられる意味合いの方向になりそうです。

今回は「向学」と「後学」の違いについてご紹介させていただきます。
 

「向学」の意味

Photo byooceey

「向学」の意味とは
「こうがく」と読みます。

「向学」は「学問に向かう」と書き。

「向学」には「学問を志す事」という意味があり。

また「学問にはげもうとする心」という意味も含まれています。

それまでは、あまり学ぶ事に興味がなかった人が、一念発起して学問を志す時などに「向学」という言葉を使います。

「後学」の意味

Photo byFree-Photos

「後学」の意味とは
「こうがく」と読みます。

「後学」には「後になって自分の役に立ちそうな知識や学問」という意味があります。

例えば、今はそれほど興味がないジャンルの学問でも、将来的にはきっと役に立つだろうと思えるようなジャンルがあります。

このようなジャンルを学び知識などを身に付ける事を「後学」と言います。

「後学」は「後になって役に立つ学問」と覚えておくといいでしょう。

「向学」と「後学」の違い

Photo bykatielwhite91

「向学」と「後学」の違いとは

「向学」と「後学」は、読みは同じでも意味合いはまったく違います。

「向学」は「学問への志向」などを意味する言葉。

「後学」は「将来のための知識」などを意味する言葉。

ですので、「向学」の意味となる「後学の念」や「後学心」といった「後学」の使い方はしません。

「向学」とは「学問や学習に心を向ける」といった意味を表す言葉です。

区別をつけていただける様に、あえて要り混ぜた表記にしてあります。

再び、読み返していただけると深い理解ができるかとおもいます。

「向学」と「後学」を使った例文

例文をご紹介させていただきます。

例文

  • 例文 向学心を持った人だ。
  • 例文 後学のための、退職を決意した私の彼氏は明日から海外に行きます…

関連する記事

記事ランキング

  • 「コンポート」と「ジャム」の違いとは?意味や使い方を解説!
    1

    「コンポート」と「ジャム」の違いについて解説していきます。同じような言葉ですが、それぞれ意味や使い方に違いが存在します。今回は「コンポート」と「ジャム」の違いや使い方についてご紹介します。意味の違いを理解していれば、ふとした時に周囲からの評価がぐっと上がるかも知れません。

    2020年5月1日

    kohizuka6 | 2020年5月1日

    違い