「些少」と「僅少」の違いとは?意味や使い方を解説!

「些少」と「僅少」の違いについて解説していきます。同じような言葉ですが、それぞれ意味や使い方に違いが存在します。今回は「些少」と「僅少」の違いや使い方についてご紹介します。

目次 [表示]

「些少」と「僅少」

Photo byInspiredImages

「些少」と「僅少」

まずは、読み方でしょうか。

「些少」(さしょう)「僅少」(きんしょう)と読みます。

意味は似ていますが、内容は似て非なるなのです。

少しばかり、内容のご説明をさせていただきます。

「些少」の意味

Photo byAlexas_Fotos

「些少」の意味とは?

些少とは、ほんのわずかなと言う意味があります。

些少には、金銭を渡す際に使う事も多い言葉とも言えます。

本当に少なくて申し訳ありませんと言った意味を持ち。

渡された相手に対しての価値観を否定しない言葉であり配慮ある言葉とも言えます。

 

「僅少」の意味

Photo bystux

「僅少」の意味とは?

「僅少」もわずかなと言う意味では、些少と似ています。

僅少には、物量や数値がもう少しと言った意味で使われていますので。

取り方によっては、相手に対しての配慮の意味合いよりは報告と捉えられる内容になります。

「些少」と「僅少」の違い

「些少」と「僅少」の違いとは?

まずは、読み方が違います。

些少(さしょう)僅少(きんしょう)と異なります。

些少には、相手側に対する謙遜や配慮を深く込めた意味合いで使われている為 金銭や手伝いをする際に相手側に失礼の無い様に使う言葉になります。

一方。

僅少は、物量や競技等の数字に関してわずかな差やわずかな量と使う言葉になりますので心使いより報告と捉えましょう。

両方ともに、少ないと言った内容で間違っていないのですが使用方法は大きく違いがありますので意味を理解し使用しましょう。

「些少」と「僅少」を使った例文

例文

  • 例文 些少ながらお手伝いさせていただきます。
  • 例文 僅少な差だが勝ちは勝ちだ。

関連する記事

記事ランキング

記事はありません。