「コンポート」と「ジャム」の違いとは?意味や使い方を解説!

「コンポート」と「ジャム」の違いについて解説していきます。同じような言葉ですが、それぞれ意味や使い方に違いが存在します。今回は「コンポート」と「ジャム」の違いや使い方についてご紹介します。意味の違いを理解していれば、ふとした時に周囲からの評価がぐっと上がるかも知れません。

目次 [表示]

「コンポート」と「ジャム」

Photo byFree-Photos

果物を砂糖で煮たものに、コンポートジャムというものがあります。この2つは似ていますが、きちんとした違いがあります。さて、説明出来ますでしょうか?

今回はみんな大好きなコンポートとジャムの違いについて、解説していきたいと思います。

「コンポート」の意味

Photo byEinladung_zum_Essen

『コンポート』とは、りんごやアンズなどの果物を水やワイン、シロップなどで煮込んだものです。

そのまま食べたり、アイスクリームやヨーグルトに添えられたりして食されます。

 

「ジャム」の意味

フリー写真素材ぱくたそ

『ジャム』とは、果物をその重量の同量程度の砂糖を加え、加熱処理したものです。

砂糖が水分を抱え込み、果物の劣化や腐敗を遅らせるという性質を利用した保存食です。

果物に含まれるペクチンと砂糖が作用し、ゼリー状になるという特性を利用して作られています。

「コンポート」と「ジャム」の違い

Photo byKranich17

『コンポート』が水やワイン、ビネガーなどの水分を加えるのに対して、『ジャム』は基本的に水分を加えず、砂糖を加える事によって出る果実そのものの水分を利用します。

また、1番の違いはその糖分の量で、コンポートが多くても果物の重量の半分程度なのに対して、ジャムは同重量の糖分を使用します。

それによってこの2つには、保存性の面で大きな違いがあります。果物の食感やフレッシュさを活かしたコンポートは長いものでも1〜2ヶ月、早いものなら1週間以内には食べていただきたいものです。

それに対しジャムは長期保存が可能で、ものによっては2年以上の賞味期限があるものもあります。

「コンポート」と「ジャム」を使った例文

Photo byCouleur

それでは最後に『コンポート』と『ジャム』を使った例文をご紹介いたします。
 

例文

  • まだ熟していないラ・フランスをいただいたので、後でコンポートにしましょう。
  • 彼はトーストにタップリとジャムを塗って食べるのが好きだった。

関連する記事

記事ランキング

記事はありません。